中国の銀行口座開設
J2C ALLIANCE   電話でのお問い合わせはこちら
 
メールでのお問い合わせはこちら
中国の銀行口座を日本で開設 お申込方法 取扱い銀行 口座開設について よくあるご質問

ホーム > 中国の銀行口座を日本で開設する
お問い合わせ
お問い合わせ
電話でのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
中国現地にて代行して口座開設します
 過去に日本では、高度経済成長により円の価値が上がり、日本に住む人にとってドルの価値が大きく下がりました。そして今、中国は今後の10年で同様に大きな経済成長が期待されており、人民元と円の価値バランスが大きく変わろうとしております。アメリカの金融工学が崩れ、投資先が不安定になってきている今、銀行金利は最も安全な投資先です。また為替に対するリスクも、今後10年人民元高円安で推移していくと思われます。
 私達は、人民元で資産を持ちたい、あるいは中国へ投資・ビジネスを行いたい日本在住の方たちのために、日本国内では開設困難な中国の銀行口座を代理で開設いたします。
500件を超す豊富な代理開設の実績と信頼で、書類到着後約2週間で銀行カードをお手元にお届けいたします。


 中国の銀行では、普通預金で日本の銀行より高い利息がつきます(2009年1月現在)。国営の名残りで、利率はどの銀行もほぼ一律です。
 また、日本国内の一般金融機関を通じて海外口座を管理するサービスと比較しても開設手数料及び維持費が格安です。ですのでご自分で口座を管理すれば多くの利息を得ることができます。
   
 「切り上げ」とは、他の通貨との交換レートを変動させることで自国の通貨価値を向上させることです。中国は著しい経済成長の一方、為替の変動を規制することで人民元の交換レートを低く抑えて輸入を拡大しております。これに対して米国は、製造業への悪影響などといったさまざまな要因で中国に対して人民元の切り上げを強く要求しています。
 人民元の切り上げが行われた場合、人民元の交換レートが大きく変動し、短期間で資産の価値が急上昇することが期待されます。
 高度成長真っ盛りの中国の企業に投資してみたい。ビジネスチャンスの多い中国でビジネスを行いたい。そういう方には、中国現地での銀行口座が不可欠です。
 しかし旅行感覚で直接現地の銀行へ向う人が急増し、中国の銀行では業務混乱が生じたため、中国語を話せない日本人への口座開設を断るケースも増えております。
 当社では日中2ヶ国の現地スタッフが、迅速・確実に中国の銀行口座開設を遂行します。

このページのトップへ戻る


 
 
 
 
 
お申込はこちら
開設可能な銀行は、「中国工商銀行」です。
現地預金口座とオンラインバンキング口座をご用意いたします。
 
 
お申込はこちら
 
このページのトップへ戻る
copyright (C) 2008 veilnet. All rights reserved.
| お問い合わせ | 会社概要 | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 物置 通販は物置デラックス |
株式会社ベールネット
[本社] 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町5-15 梅田イーストビル3F
[東京オフィス] 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-7-8 関ビル3F
[上海オフィス] 〒200040 上海市静安区南京西路1601号 越洋広場38F